理事長挨拶

発酵研究所の研究助成について

公益財団法人発酵研究所(IFO)
理事長 中濱 一雄

中濱一雄

 発酵研究所は、60余年にわたって微生物株保存機関として学術および産業に有用な微生物の収集・保存・分譲業務を行い、国内外の微生物の研究を支援してきましたが、2002年7月に研究者と約15,000株の微生物株を独立行政法人製品評価技術基盤機構バイオテクノロジーセンター(NBRC)に移し、保存機関としての使命を終えました。 そこで発酵研究所は、これまで培ってきた保存事業の精神と経験を活かし、2003年度から新事業として微生物の研究を対象とする研究助成事業を開始しました。
 近年、微生物の研究者は少なくなり、研究費も減少しつつあります。また、科研費やその他の助成金も獲得しにくい状況にあります。大学や企業ではバイオ分野の研究には流行があります。 1970年代までは微生物の研究が全盛期でしたが、その後、約15年ごとに遺伝子工学、ゲノム創薬、iPS細胞(再生医学)の順で研究が注目されるようになり、それに伴って微生物の研究がやや下火になったようであります。 しかし、2015年には大村 智博士がエバーメクチンの発見とその開発で、2016年には大隅良典博士が酵母を用いたオートファジーの研究で、生理学・医学賞を受賞され、微生物の研究が再認識されるようになりました。最近では、プロバイオティクスを対象とした腸内細菌の研究や発酵食品が新聞やテレビでよく報道されております。 また、将来、自然エネルギーとして、バイオエネルギーの微生物による生産が期待されています。 学術的な観点では、単細胞の微生物は生命の基本単位であり、生命現象を明らかにするためには、大腸菌や酵母などの微生物を用いなければ解決できないことが多い。 以上に述べたように微生物学はバイオサイエンス、バイオテクノロジーの根幹となる分野であり、その重要性が見直されつつあります。従って大学における微生物の研究を財政的に支援することは大きな意義があると考えます。
 発酵研究所の研究助成には、主に一般研究助成、大型研究助成、若手研究者助成および寄付講座助成があります。 これら研究助成の成果は、毎年6月に千里ライフサイエンスセンターで開催される助成研究報告会において発表され、助成研究報告集 IFO Research Communications に投稿されております。
 当財団は、国がやらない、国がやれないような実効性の高い研究助成をするよう心掛けております。 例えば、微生物の研究にとって重要であるが、あまり評価されないために科研費などの競争的資金を獲得しにくい分類の研究にも多くの助成金を支給しております。 また、研究助成の選考委員には、すぐに役に立つ研究よりも20年先に重要になるような地道でチャレンジングな研究をなるべく採択していただくようお願いしております。
研究助成は、助成金を支給することが目的ではなく、助成によって研究成果がでることを目的とすべきです。 そのためには、助成期間の最初から最後まで助成対象者と緊密にコンタクトし、可能な限り一緒に研究を進めるよう努力しております。
 今後とも研究助成を通して微生物の研究の進歩・発展に寄与したいと思っておりますので、ご指導・ご支援の程、よろしくお願い申しあげます。