助成事業メニュー

2020年度 若手研究者助成募集要項(予定)
募集要項を変更しています

35歳以下の微生物の研究者を対象とする助成
 微生物:細菌、アーキア、菌類、微細藻類

【助成金額】300万円(一括払い)

研究費および生活費として支給する。

申請者の所属機関の間接経費、一般管理費(オーバーヘッド)は、助成の対象としない。

募集は7月1日9時からです。

募集は終了しました。

【研究課題】

①微生物の分類に関する研究

分離、分類、保存

②微生物の基礎研究

生化学、構造、遺伝、生理、生態、進化など

【応募資格】

  • 助成開始時に日本の研究機関に所属し、前項に掲げた研究を行う個人
  • 2020年4月1日現在、満35才以下の者
  • 助成期間内に、他からの助成金・研究費を受けることを可とする。

【助成期間】

2020年4月1日〜2022年3月31日(2年)

【応募方法】

当財団ホームページの助成事業Web申請フォームより応募する。

e-mailでの送信は不可とする。

  • 申請書を作成する前に必ず『Web申請Q&A』を確認すること。
  • Web申請が出来ない場合は郵送でも受理する。
  • 記入漏れや誤りがある場合は受理しないことがある。
  • 受理した申請書の修正や差し替えはできない。

募集は7月1日9時からです。

募集は終了しました。

【募集期間】

2019年7月1日〜7月31日(募集締切:7月31日 12時

【選考方法】

当財団選考委員会において審査のうえ決定する。採択は全研究課題で6件程度とする。

【採否の通知】

2020年2月中旬までに申請者に通知する。

【助成金の振込み】

2020年4月以降に所属機関の所定の方法に従って振り込む。

【助成金受領者の義務】

  • 研究計画等に関し重要な変更を行うときは、事前に事務局に連絡する。
  • 助成終了後1.5ヶ月以内に「報告書」を提出する。
  • 研究成果を当財団報告会にて日本語で発表し、当財団機関誌に和文で投稿する。

【その他】

  • 当財団の一般研究助成、大型研究助成の申請者ならびに寄付講座助成の教員候補者として、重複して応募することはできない。
  • 助成期間内は、当財団からの助成を重複して受けることはできない。
  • 当財団の助成を受けた方も、助成期間終了後は再度応募できます。
  • 使用する微生物については、生物多様性条約および国内の関係法規を遵守する。
  • 研究成果を公表する際は、論文に当財団の助成を受けた旨を付記し、別刷りなどを提出する。
  • 当財団からの助成に関わる研究で得られた菌株を公表する際は、公共の利用に供するため公的保存機関に寄託する。
  • 当財団からの助成に関わる研究で得られた知的財産権は、当該機関に帰属するものとする。
  • 助成金受領者の氏名、所属機関、研究題目、助成年度、助成金額等の個人情報は当財団ホームページ等で公表するが利用目的の範囲内でのみ使用する。

【書類送付先および問合せ先】

公益財団法人発酵研究所事務局

〒532-8686 
大阪市淀川区十三本町2丁目17番85号

TEL:06-6300-6555 
FAX:06-6300-6814

e-mail:jimukyoku@ifo.or.jp
URL:http://www.ifo.or.jp/

Get Adobe Acrobat Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている Adobe® Reader® プラグインが必要です。

※1:PDF文書が起動します。アドビシステムズ株式会社のAcrobatをお持ちでない方は、PDF文書の閲覧は可能ですが文書の追加、修正ができません。
Acrobat Readerとは違い、サイトからダウンロードはできません。別途購入いただく必要があります。

※2:Excel文書が起動します。表示するには Microsoft Office Excel 2003 以上が必要です。お使いのPCにインストールされていない場合は、リンクをマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選択し、Microsoft Excel 2003 のあるPCにて作業を行ってください。

書類が表示されない場合には目的の書類を右クリックして「対象をファイルに保存」を選択し、ファイルをダウンロードしてご覧ください。